EDと自覚すると、途端に男として情けなく思ってしまう人もいます。医療が進歩した現在は治療薬や生活習慣から見た改善方法もわかっています。

途中でダメになるのもEDである

この記事は約 2 分で読めます。

EDと聞くと性行為をする前から立たない状態をイメージするかもしれません。
確かにほとんどのEDはこの症状に該当しますが、途中でダメになるのも含まれるのです。
ビンビンに勃起した状態で挿入したのに、途中で萎えてしまう経験をお持ちの方は多いでしょう。
この場合においても、間違いなくEDに該当するのです。
そもそもEDとは正常な性行為が行えない状態を指すため、セックスをしても射精できなければ該当すると考えていいでしょう。
つまり、オナニーでは問題なく射精できても、セックスで射精できなければ該当するわけです。
また、人によって射精できたり、できなかったりする方もいます。
妻には立たなくても、不倫相手だとフル勃起状態になる方はいるでしょう。
ペニスが勃起するためには興奮が欠かせません。
性的興奮のない状態では、ペニスも反応しないでしょう。
興奮が減退してしまう理由には、性生活におけるマンネリ化も関係しています。
この状態を改善するには、プレイのバリエーションを増やすのが効果的です。
色々なプレイに挑戦すれば、高い興奮度と刺激を維持することができます。
男性はセックスをしたいと思わなければ、ペニスも立たないようにできているのです。
途中でダメになるEDを改善するには、生活改善による血行促進が基本となります。
また、セックスの失敗によるトラウマが原因で、心因性のEDを招いている可能性もあります。
途中で萎えてしまう方は、ED治療薬を服用して勃起力をアップさせましょう。
とにかくセックスを成功させることが、悪循環を断ち切るために大切なのです。
セックスの成功がきっかけとなり、トラウマやコンプレックスが解消することは多いです。
精神疾患に由来するEDの場合は、うつ病の治療薬や睡眠薬などで治療が行われることもあります。